<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大川渓流トレッキング タカヘグリ

あぢーーー
こちら津軽は連日30℃超えの残暑ざんしょ(汗)皆様元気ですか~?私はこの暑さでもモリモリ食欲で夏バテ知らず!こんな暑い日にぴったりのトレッキングを紹介しますね(^_-)-☆
場所は青森県西目屋村の大川。世界自然遺産白神山地から流れ出す岩木川の源流です。計画途中で頓挫した青秋林道の青森県側最終地点まで車で行き、その後川原へ下りるのですが、この下りがとても急な悪路(^_^;)
d0156304_21164511.jpg

無事川原までたどり着き川の中を歩きます
d0156304_21201918.jpg

前回行った田沢湖シャワークライミングが急流を登る!な感じでしたが、今回は緩やかな流れの川をじゃぶじゃぶ歩く感じです。じゃぶじゃぶ。じゃぶじゃぶ。
d0156304_21244829.jpg

d0156304_21293333.jpg

岩魚が悠々と泳ぐ澄んだ水中はとても冷たくキレイ
d0156304_21383793.jpg

d0156304_21385893.jpg

カエルや蝶にも会えました。
d0156304_2142224.jpg

新種でしょうか?カッパ女もいます!(笑)
d0156304_21433556.jpg

この日里では34℃の猛暑日。山も暑かったので川へじゃぶ~ん♪冷たい水と戯れる♪下に水着を着ていたのでナイスばでー(?)を披露しても良かったのですが、アブがものすごく肌見せNGで残念ww盆過ぎの今の時期はアブがいないかもしれませんが手先から足先まで肌は見せない方が身のためでしょう・・・アブアブすごいアブ
上流に向かって行くごとに川幅は狭くなり、川の石は大きくなっていきます。途中ほんの少し急流もあります。私はいつものトレッキングシューズだったのですが水中は滑ります!沢用のシューズは水中では滑りませんが陸の石場を歩くには向かないようです。はて、どの靴が良いのでしょうか・・・?
d0156304_215717.jpg

さてさて到着。ここが「たかへぐり」と呼ばれている所です
d0156304_2243576.jpg

それまでの川原とは一変、渓谷です。左右両側の切り立った岩は今にも動き出して閉じてしまいそうな大きな門のようです!その向こうにはまだ雪の山があり、冷たい空気はドライアイスの煙のように静かに静かに雪解け水と一緒にこちらへ向かってきました。
d0156304_2212993.jpg

幻想的?素晴らしい風景である事には間違いありませんが、私は自然の偉大さというか恐怖というか・・・これ以上踏み入ってはならないぞと言われているような足のすくむ感じがしました。
実際ここはかなり深いです。仲間が近々この先をアタックするのですがどんな風景が待ち構えているのでしょうか?もっと先へ進むと白神山地のコアゾーンへ侵入するので許可が必要になりますよ。

今回はここから引き返し途中泳いだり滝に打たれたり写真撮ったりの4時間程ののんびり渓流トレッキング。起伏が緩やかであまり疲れないよと聞かされていたのですが、慣れない石ころだらけの川原を歩くには結構疲れました。
そして忘れてはならないあの急な下り!帰り道最後の最後にはそこを上りますから!!!

暑い日に冷たい水と戯れる♪今年一番楽しみにしていたトレッキングは最高の天気で最高の遊びでした。

最後にもう一つ。帰り道車の中から小熊を見ました。野生の生クマ見たの2回目wwクマいますから注意してね!!!
[PR]

by tu-girl | 2012-08-22 23:06 | トレッキング

秋田駒ケ岳 3

花の山と言われる秋田駒ケ岳。その花の中でも「女王」と呼ばれるのが「コマクサ」
ほとんど衝動的に初めての単独登山へ飛び出してしまったのは、どうしてもどうしてもコマクサが見たかったからなのでした。お花そのものよりどんな場所に咲いているのかを確かめたかったのです。
d0156304_16165921.jpg

男岳下山後、男女岳に登ろうか迷ったのですが、とにかく早くコマクサに会いたくて焼森へ行く事に。阿弥陀池小屋から右手方向を登り横岳へ。早くコマクサが見たくてセカセカ歩いたら息切れしてしまいました(笑)
d0156304_16223834.jpg

写真中央に見えるのが焼森です。横岳の分岐からはわさわさ茂る低木をかきわけかきわけ稜線を歩きます。この稜線を歩くというのも初めてだったので楽しくてわくわく。
見えてきましたよ~。焼森が~。
d0156304_16275321.jpg

焼森山頂到着。そこは火山砂礫の不毛の地。
d0156304_1636245.jpg

こんな所にお花が咲くのだろうか?と、きょろきょろ見渡してみるとありました!念願のコマクサ!
d0156304_1643884.jpg

時期が早いのか遅いのか?こんなものなのか?大焼砂はもっと咲いているのか?は良くわかりませんが、コマクサはまばらに点在していました。
d0156304_16554471.jpg

そしてまたきょろきょろ。他の登山客が近くにいないのを確認して・・・ふふっ
あっ!!!悪い事は決してしていませんよ!砂礫の上に腹ばいに寝そべった!そして写真を一枚。もちろん規制ロープの外からですよ!
d0156304_1657290.jpg

ピンク色には空色が似合いますね♪
火山砂礫の上、吹きさらしの風は相当強いだろうと想像でき、直射日光だってがんがん当たるようなこんな土地に咲くのですねコマクサは。わざわざこんな場所を選んで咲かなくても良いのにね・・・。
このコマクサも盗掘が後を絶たないそうですが、こんな悪条件の場所がお似合いの「孤独で力強い女王」が下界で暮らしても女王の威厳を持っての暮らしは無理だと思うのですよね・・・。

のんびりコマクサを堪能した後は帰路へ。心踊りるるるる~んと帰りたいところでしたがこの砂礫というのはかなり滑るのです!!!ずずずずーっざざーっ歩くのに一苦労。ホントに滑るので注意してくださいね!!!
d0156304_181786.jpg

その先のしゃくなげコースという可愛い名前に騙されてしまったようなコース(笑)なんとかクリアし、無事に下山。かなりゆっくり歩いて3時間半程。もっと歩けそうな気がしましたが、帰り道2時間運転する体力も残しておかなくてはなりませんからね。

これからは秋のお花や紅葉♪あれこれ想像するだけでわくわくしてきます。また他のコースも歩いてみようと思います♪
[PR]

by tu-girl | 2012-08-14 18:26 | トレッキング

秋田駒ケ岳 2

くどいようですが、前回初めて行った秋田駒ケ岳は風雨で・・・
ホントにホントに楽しみにしていたから、がっかり具合も相当なものであり、がっく~~~~ん
その日以来晴れた日のお山をもんもんと想像する日々。で、一人で思い切ってびゅーんと飛び出して行ったものの、途中の高速道路は霧。山へ登り始めた頃も霧
d0156304_2111187.jpg

d0156304_2113816.jpg

またカッパ着ることを覚悟して歩いて行くと、雲がモクモク動きだしてさ~っと晴れてきました
青空じゃ~
もう青空というだけでるるるる~ん♪あっちもこっちもお花畑♪どんだけ嬉しかったか分かりますか!?(笑)
d0156304_2162561.jpg

ウキウキ黄色いお花に誘われて
d0156304_2172250.jpg

黄色いお花の咲く方へ咲く方へふらふらと歩いて行った先は
d0156304_2191443.jpg

今まで経験した事のない岩場だったのです!!!そこは男岳!!!やばい汗汗冷汗やばい
引き返そうかと思ったけれど、ゆっくりゆっくり慎重に一歩ずつ歩いて行ってみました。
ふと振り返るとわ~お、左手に男女岳、遠くには岩手山、阿弥陀池もくっきりわ~お
d0156304_21142872.jpg

左手にはすばらいい谷が見えました!気分はハイジ!「おじいさ~ん」と駆け下りたい気分になりました。さすがにそれは即死でしょうからやめましたが・・・
d0156304_21203235.jpg

お花も沢山咲いていました。何の花かは全くもって学習能力ゼロで分かりません。何回教わってもおぼえられないんですよねお花の名前
d0156304_21182715.jpg

d0156304_21184456.jpg

d0156304_2119235.jpg

雲の上じゃ~
d0156304_21213486.jpg

もうちょっともうちょっと頑張れー
d0156304_2128420.jpg

やっと山頂到着です!1623m男岳!
d0156304_21222254.jpg

d0156304_2157033.jpg

残念ながら田沢湖方面は雲で見えませんでしたが、岩手山がくっきり
d0156304_21295254.jpg

さすがの私でもちょと恥ずかしいので「やっほー」は心の中で。
それも特大のヤッホー!
下山も小躍りしたくなる気持ちを抑えて慎重に慎重に。頭の片隅にはサスペンスドラマのように岩場でずるっゴン血がたら~みたいな映像が・・・それはいけないいけない慎重に!
無事下山して振り向いた男岳
d0156304_2137522.jpg

はーっ。青空とお花と山。それだけで涙が出そうになりました。くどいようですが前回がどんなに悲しかったか・・・涙
秋田駒ケ岳最高!次はあのお花を紹介する予定です!
[PR]

by tu-girl | 2012-08-06 22:03 | トレッキング